読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ:外の人

マンガ、アニメ、特撮、SF、プロレス、ロックなどの趣味ジャンルで見聞きしたこと思いついたことを外の人の立場でテキトーに書くブログ

今の軽自動車は40年前のサルーン並み

車の免許を取ったのが1987年、初めて乗ったのが前のオーナーが廃車にするからと持ち込まれた初代アコードを整備して乗れるようにしたもの。

初代の発売年からしたら10年落ちだったんだろう。

一応シビックより上のクラスのサルーンだった(はず)

乗り始めて早い時期にタイヤを替えた。

タイヤの規格は155/65 R13だったと思う。いや、当時65なんて扁平率なかったように思うから60だったかもしれない。

幅が155なのは覚えている。

さて、今乗ってる軽も10年落ち。

先月スタッドレスにした時にタイヤサイズを確認すると155/65 R13なので、初代アコードと同様の規格。

車内を比較しても初代アコードは発売当時の上等な車なので、エアコン、時計、リアワイパー、デフォッガーなど色々ついていた。

窓は回転式だったな。

今の軽はもっと色々付いている。

集中ドアロック、パワーウィンドウ、キーレスエントリー、ドリンクホルダーや収納ポケットがあちこちに。

キャビンの広さもそんなに変わらないように思う。

幅はさすがに違うし、そもそも軽は4人乗り。

でも運転席周りの感じはシートの間にシフトノブがないくらい(初代アコードはフロアMT、今の軽はフロントパネル下にノブのあるAT)

大した違いはない。

フロントノーズはさすがに初代アコードのほうが排気量も大きいので長いけど、リアシートが若干狭いくらいで大して変わらない。

今住んでる中古住宅も70年代当時の普通車サイズを想定した駐車スペースなので、今の軽にはちょうどよい。

 

てことで、10年落ちですが21世紀の軽自動車は40年前の普通車サイズで、内部の装備はサルーン並と言っておく。