読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ:外の人

マンガ、アニメ、特撮、SF、プロレス、ロックなどの趣味ジャンルで見聞きしたこと思いついたことを外の人の立場でテキトーに書くブログ

バビル2世は甲賀幻妖斎の子孫だった?

バビル2世、話はバビル1世から始まる。

5000年前に地球に不時着したヒューマノイド

母星への通信のために超能力を駆使して地球人を使役し、オーバーテクノロジーによるバビルの塔を作るが、作業中の事故で通信塔としては使えなくなる。

あきらめたバビル1世は後世に託す方向に動く。すなわち地球人との間に子供をつくる。

どのくらいの人数の子をなしたのかは分からないが、おそらくその中にバビルの塔の管理目的でオーバーテクノロジーの維持管理をする集団があったと思う。

もちろんバビル1世の超能力因子を受け継いでいる。

基本的にオーバーテクノロジーは門外不出だが、長年、代を重ねていくと変わり者が出てくる。オーバーテクノロジーを使って人類に貢献しようという人もいたかもしれない。

こうした人がバビルの塔の管理から離れて、世界を放浪していたとしよう。

そして流れ流れて日本へと辿り着く。

一方、バビルの塔は自らのアップデートを重ねて、人の手による管理から離れる。

残された人々は一族の秘伝としてオーバーテクノロジーを門外不出として伝えるためだけの集団となる。

さて、日本に辿り着いた人は善意でオーバーテクノロジーを使うが、人々の争いを招いてしまう。

そして山間にこもり、門外不出とする。

しかし戦国時代に野心を持った人物が現れ、反対する一族に背を向け(あるいは自分以外を滅ぼして)オーバーテクノロジーで戦国の世に覇を唱えようとする。

その人物は超能力因子の発現も多少はあり、新興宗教の教祖として幅を利かせるようになる。

すなわち、金目教の誕生であり、甲賀幻妖斎の誕生である。

甲賀幻妖斎は超能力を使い、足利将軍を病にしたり、オーバーテクノロジーで金目像を動かしたりした。

金目像が赤影に倒された後は、さらにオーバーテクノロジーを駆使した大まんじを使い卍党の頭目として暗躍する。

この大まんじこそがオーバーテクノロジーの粋を集めたもので、空を飛び、水に潜り、水上や空中で大砲を打つ。戦国時代にはありえないテクノロジーだ。

これこそが甲賀幻妖斎がバビル1世の末裔の証。

しかし、大まんじ共々卍党は飛騨の忍者によって討ち滅ぼされてしまう。

甲賀幻妖斎も討たれるが、実は密かに子をなしていた。

しかし、オーバーテクノロジーは受け継がれず、ほそぼそと超能力因子のみが受け継がれた。

そして戦後の昭和の日本にバビル1世の超能力を受け継ぐ少年が現れる。

それこそがバビル2世、浩一少年であった。

 

バビル2世の敵、ヨミもまたバビル1世の末裔であった。

オーバーテクノロジーを守ってきた集団に生まれ、そのテクノロジーで様々な機械を作って世界征服を目指していた。

超能力因子も強く受け継ぎ、バビル2世候補としてバビルの塔によって審査されるが、野心故に落とされる。

単に超能力が使えるだけでなく、バビル2世の3つのしもべも一時的に操ることができることからもバビル1世の因子を受け継いでいることが分かる。

 

仮面の忍者 赤影もバビル2世もバビル1世のやらかしたことの後始末なのであった。