読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ:外の人

マンガ、アニメ、特撮、SF、プロレス、ロックなどの趣味ジャンルで見聞きしたこと思いついたことを外の人の立場でテキトーに書くブログ

映画「仮面ライダー1号」を見に行く中年仮面ライダー隊の諸君へ

最初の仮面ライダーに衝撃を受け、変身ベルト装着して変身ポーズをきめた子供の頃の写真が君の家にも残っているだろうか?

当時の子供の心をくすぐる映画「仮面ライダー1号

そう、藤岡弘、が本郷猛役で主演する映画です。

タイトルに惹かれて見に行くかつての少年も多いだろう。

そこで注意事項をいくつか。

 

この映画は今の仮面ライダーシリーズの外伝的作品です

今テレビで放映中の「仮面ライダーゴースト」の外伝なので、ゴースト登場人物が出てきます。

今のは見てないから分からないと心配することはありません。

オレンジ色のライダーがゴースト、青色のライダーがスペクター、これだけ分かってればOKです。

 

お坊さんが出てきます

このお坊さんはゴーストの主人公、天空寺タケルくんの住んでいる大天空寺の実務を担っている御成(おなり)さんです。

面白い人です。

出家しているけど、人間臭いです。

 

おやっさんの名前は立花藤兵衛です

仮面ライダーの作中では「おやっさん」と呼ばれるばかりで名前を知らない人もいるかもしれません。

立花藤兵衛(たちばなとうべえ)です。

立花レーシングというバイクレースのチームを持っていました。

本郷猛は立花藤兵衛の協力のもとオートレーサーをやっていたそうです。

バイクのメカがわかるということでサイクロン号のメンテナンスをしていました。

後の世代交代したサイクロン号はおやっさんが作ったという話もあります。

映画のヒロイン立花まゆはこのおやっさんの孫という設定です。

 

地獄大使はショッカーの幹部です

作中に出てくる地獄大使はショッカーの幹部です。

また1号ライダーとは数々の死闘を繰り広げて、ライバル的存在として描かれています。

だから地獄大使は本郷猛に強い感情を持っています。

途中で役者さんの顔出しから全面のマスクに変わります。

これは地獄大使の怪人姿ガラガランダーの顔が表に出た状態で、ライダーで言えば変身した状態に相当すると思っておいてください。

この映画で演じているのは大杉漣さんですが、立ち姿だけでもいいので、かつて演じていた潮健児さんに出て欲しいです。

 

このくらいをおさえておけば今のシリーズを知らなかったり、久しぶりに仮面ライダーを見ても大丈夫だろうと思います。